こだわりきずくみくに建築

みくに建築がえらばれる理由

みくに建築施工実例

2016.11.28
メディア掲載情報を更新いたしました。
2016.11.11
リフォーム施工事例追加いたしました。
2016.06.17
第19回ふなばし環境フェア無事に終了いたしました。
2016.06.01
第19回ふなばし環境フェアに参加いたします。
2016.02.15
リフォーム施工事例追加いたしました。
2016.02.06
OMの書籍「知的富裕層が選ぶ先進的健康住宅」が出版されました。
書店で発売中!!

2015.11.20
●12月1日~18日地域型住宅グリーン化事業・補助金100万円制度 HOW TO公開セミナー 知って得する賢い家づくり勉強会 ●12月19日・20日OMソーラー住宅 OBお宅訪問見学会開催
2015.09.30
OMソーラー住宅 土間のある家
「住まいの設計」に掲載されました。

2015.08.04
OMソーラー住宅 土間のある家

住まいの設計の取材を致しました。
11・12月号(9月24日発売)

2015.06.16
環境フェア&ふなばし環境パネル展
2015.02.24
冬の見学会開催致します
2015.01.17
飯山満 ちば山の家 構造見学会
2014.05.28
ふなばし環境フェア開催のお知らせ
2014.03.26
メディア掲載情報を更新いたしました。
2014.01.18
注文住宅施工例 八千代の家追加いたしました。
2013.11.14
完成見学会開催!!
2013.08.03
完成見学会開催! ちば山の家玄関土間の大きな家
2013.07.10
八千代大和田の家」構造見学予約受付中
2013.07.10
OMソーラーフォトコンテスト2013年 受賞
2013.07.03
7/21(日)ちば山の家 玄関土間の大きな家 構造見学会開催
2013.05.31
6/8ふなばし環境フェア開催のお知らせ
2013.05.31
6/1と6/2 ちば山参加します!
ちば山の木箱作りなど…会場で会いましょう
2013.05.23
ホームページをリニューアルしました。
2013.04.10
完成見学会予約受付中
2013.02.08
ちば山の家 構造見学会開催
2013.01.11
千葉市都市文化賞を受賞いたしました。

みくに建築facebook

ちば山facebook

ちば山

「土地探しが、楽しいけど、大変ですね」 皆さんがおっしゃる言葉です。

田舎暮らしをはじめるにあたり不安はたくさんあると思います。

水道も汚水を流すところもないこの土地で始められるのか。
井戸はあるけど、汚水の放流先がない。分譲地で、水道、汚水の心配がない…などから始まって

学校学区のこと・町内会・部落の所属・お付き合いの仕方・お祭り・冠婚葬祭の付き合い方…
畑を始めたくても、どこから話していくか。田舎暮らし支援団体は、どこかにあるのか…
まで田舎暮らしはわからないことだらけ

 

みくに建築なら千葉の田舎に精通しているので、田舎暮らしをお考えの方が悩みそうなことをすべて解決できます。

インフラの問題、地盤の情報、水質なども含めてアドバイスいたします。
住宅地以外で建築の経験を生かして、お手伝いできます。

台風対策・地震対策・老後の支援対策・地域の医療情報もお任せ下さい!
目指すのは「同じ暮らしの仲間と情報交換しながら、進める住まいづくりと、明日づくり」です。

そして先に田舎暮らし始めている、一緒に家づくりした仲間がいます!!
いっしょに、あれだこれだと…進めてきた実績とノウハウでいっしょに協力できますよ

●房総半島ほぼ全域のエリアにて、設計施工いたします。

●”非営利活動法人 ちば山”ちば山の木で建築してきた、経験豊かな住い手の情報、住まい方の知恵など共有しましょう

●”非営利活動法人 ちば山”と協力して、ちばの木認証の木材を使って家つくりします。

●”非営利活動法人 ちば山”と協力して、千葉県森林課 co2固定認証制度の利用が可能です。

●土地探しの同行、ポイントアドバイス、地元情報、敷地調法規調査データなど提供いたします。

●地域の移住者促進団体と協力して、イベント、住まい見学会などご案内します。

●房総のおもしろいイベント情報、共催などに参加しましょう。

●移住、田舎暮らし、終の棲家している ちば山OBさんの住まい見学や、暮らし方アドバイスがいっぱい。

●千産千消(地産地消)同じ気候で育った、ちば山の杉の住まいと、共に生きていく。

●建築後、ちば山obさんと情報交換、加齢期の対応など含めネットワークを組みましょう。

ステップ.1
田舎暮らしの
候補地区の選定

ステップ.2
候補地区の
土地情報収集

ステップ.3
土地探し日程調整
同行

ステップ.4
候補地の絞り

ステップ.5
検討敷地役所調査
OBからの情報収集

ステップ.6
近隣のOB宅見学、
アドバイス

ステップ.7
飲み水、
汚水処理の確認

ステップ.8
町内会、部落の接触
OB同行、協力

ステップ.9
地盤情報入手、
災害情報入手

ステップ.10
敷地決定

ステップ.11
地域に馴染む建築様式形態の確認

ステップ.12
ラフプラン検討、
概算提示

ステップ.13
方向性確認、
予算確認

ステップ.14
土地契約

ステップ.15
プラン配置確定

ステップ.16
地盤調査、検討

ステップ.17
確認申請提出

ステップ.18
仕様確定

ステップ.19
見積もり確定

ステップ.20
契約

ステップ.21
土地の地鎮祭施行の流儀確認


着工


完成後 地元イベントの活用 
参加からより地域に溶け込むお手伝い
地域の主役になっていく活動共同を目指します

いすみ市 遠藤様

農家に生まれ、結婚してからも借りた土地で家庭菜園をしていたというご主人の節夫さん。
年を取っても身体を動かしてできることがしたいと思っていた奥様のみどりさん。
ご夫妻共通の夢が「田舎暮らし」でした 。


「雨の日でも農作業が出来る空間が欲しい」という遠藤さんの希望に合わせて、ちば山の木をふんだんに使い、
家の半分ほどを土間が占める家をご提案。
玄関を入るとキッチンとダイニング、リビングを兼ねる大きな土間になっていて、靴を履いたまま生活ができるようになっています。
土間に続くフローリングの部屋は、土間側からベンチのように座ることができ、土間から連続した空間になっています。