ゼロエネルギー

ゼロエネルギー住宅

心地よい空間を作り出せた自信と満足が広がるOMの家

OMソーラーとは

OMソーラーは、太陽熱で部屋を暖めたりお湯をとったりします。
ソーラーというと、太陽熱温水器や太陽光発電を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、OMソーラーは、建物全体をしくみとして活用します。だから、暖房器具のようにポンと設置することはできません。
設計段階から太陽熱利用を考えていきます。

OMソーラーは、日中、屋根に降り注ぐ太陽の熱を室内に取り込み、夜、外気温が下がると昼間床下に蓄えられた太陽熱が放熱を始め、床から温まるしくみです。
また、新鮮な外気(空気)を利用するため、暖房しながら換気を行うことができます。さらに夏は、熱い空気を利用してお湯をとったり、夜には涼風を室内に取り込んだりと、一年を通して活用できる多機能なシステムです。

OMソーラーの仕組み

冬の昼

冬は、屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、夕方以降ゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。
また、OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込んでいます。暖房しながら換気ができるという点も、冬の働きの大きな特徴です。
軒先から新鮮な外気を入れ、それを屋根に降り注ぐ太陽の熱で温めて床下へ送ります。
床下へ送られた空気は、基礎のコンクリートを温めながら、室内へ微風となって出てきます。
夕方になると、熱を蓄えたコンクリートが外気温の低下とともに少しずつ放熱をはじめ、建物全体を床から温めます。

屋根で集熱

太陽があたり屋根面が熱くなると、新鮮な外気が軒先から屋根の通気層に入ってきます。
この空気は太陽の熱で温められながら、秒速数cm~10数cm程度のゆっくりとした速度で昇っていき、ガラス付き集熱面でさらに温度を上げ(※)、棟ダクトに集められます。
地域や季節の条件によってちがいますが、冬の快晴の日であれば、集熱温度は約60℃ほどにもなります。

※ガラスはごく普通の強化ガラスです。集めた熱の温度が風により低下することを防ぐと同時に、「温室」のような働きにより空気の温度がさらに高くなります。

ファンを使って熱い空気を床下に送る

棟ダクトに集めた熱い空気は、ハンドリングボックスを通って床下に送られます。(自立運転型ハンドリングボックスは、ファンの動力に太陽光発電を利用します。)

床下のコンクリートに熱を貯める

立ち下りダクトを通して送られてきた熱い空気は、床下の空気層をゆっくりと流れ、蓄熱コンクリートを温めながら(コンクリートに熱を奪われながら)、少し冷めた暖気となって室内に流れ出ます。
このように、暖房と換気を同時に行えるという点もOMソーラーの特長です。

放熱する

太陽が沈んだ後、外気温の低下とともに、床下のコンクリートからゆっくり放熱が始まります。日中に貯めておいた太陽の熱を夜明けまで使おうというしくみです。
これにより、昼と夜の室内温度差をやわらげることができます。

夏の昼

夏のOMソーラーは、屋根の熱をお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排出します。

春から秋は、太陽の熱でお湯を採る。

春から秋にかけて、太陽の熱を利用して「お湯採り」ができます。
「お湯採り」とは、熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルの中を循環する不凍液を温め、温まった不凍液を貯湯槽へ循環させて水を温めるしくみです。
お湯採りに使って余った熱は、排気ダクトを通り、排気口から外へ出します。屋根面の下を強制排気すると、排熱された量に比例して、室内に入りこむ日射熱を減らすことができます。
お湯採りは、地域によって差がありますが、春から秋にかけて30~50℃のお湯が1日約300リットルとれます。お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です。

採涼換気システム「DOMAくーる」

夏を涼しく住まう工夫として、OMでは採涼換気システム「DOMAくーる」をご提案しています。
暑い外気をそのまま室内に入れるのではなく、床下を経由させることで、土間コンクリートに蓄えられた冷熱を利用して、外気温よりも低い温度の空気を室内(床上空間)に送るしくみです。
常に外気を取り込むため、室内の温度を抑えながら換気できます。
機械的な冷房のようにはいきませんが、夜間外気取り込み(下記「夏の夜」参照)を併用することで、より効果的に自然エネルギーを利用できます。
できる限り環境に負荷をかけずに夏を過ごしやすくする、OMソーラーならではの工夫です。

※蓄冷の効果は地域や立地条件により異なります。

夏の夜

夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。
この放射冷却を利用して、少しでも温度の下がった空気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」は、「冷房」とまではいかないものの、自然を活かした工夫です。

※効果は地域によって異なります。

OMソーラーのめざすゼロ・エネルギー化住宅

従来のOMソーラーに太陽電池を組み合わせたハイブリッドソーラーシステム 「OMクワトロソーラー」で、数字の4を意味する「クワトロ」の名の通り、太陽熱+太陽光により暖房・発電・給湯・換気の4つの機能を果たします。
OMクワトロソーラーは、ゼロエネルギーをめざしたシステムです。

OMクワトロソーラーのしくみ(冬の昼)

太陽熱+太陽光で暖房・発電・給湯・換気

暖房

日中の太陽熱が夕方から翌朝にかけてゆっくり放熱することで、家全体を持続的に暖めます。

発電

太陽電池モジュール(パネル)部分で太陽の光を電気に変換します。家庭内の照明や電化製品へと供給されます。

給湯

主に春から秋にかけて、太陽の熱でつくった温風でお湯をつくります。30~50℃のお湯が1日約300L出来ます。

換気

取り込んだ外気を温風にして家の中に取り入れるので、部屋を暖めながら換気もされます。

OMソーラー お客様の声

心地よい空間をつくり出せた自信と満足が広がるOMの家

川城さんは若い頃、中国の砂漠に木を植えるボランティアの経験があり、今でも林業ボランティアで間伐の作業を手伝うなど環境問題に関心があったため、家を建てる際にも「できるだけ環境に負荷をかけない家を」と考えていました
そこでインターネットで環境に配慮した家について調べていくうちにたどりついたのがOMソーラーの家でした。「パッシブシステムというのがいい」太陽のエネルギーを建築的な手法や工夫で活かす、OMソーラーのパッシブな考え方に共感した川城さんは建てる家はOMソーラーの家と決めました。

一階は土間を上がるとリビングダイニングと浴室、階段を上がりスキップフロアを仲立ちとして2階は寝室と子供部屋が並ぶ川城さんのOMの家は平面図では表現しきれない空間が配置されています。

「寒くない程度のこの暖かさが良い」という川城さんは、家中の暖房を太陽(OMソーラー)と薪(薪ストーブ)の自然の恵みで賄っており、帰宅時もホッとくつろげるのだとか。
「マンションでは燃料や機械に頼った暮らしをしてましたが、この家では夏は風が抜けるし、日差しを遮る工夫をすればいい。冬は反対に日差しを家の中にどんどん入れて、そうやって自然と上手に向き合って工夫すれば、それほど暑くも寒くもないはずです。」

自然に負荷をかけないで、自分が心地良いと感じられる空間を、自分の意志とそれを実現してくれる家づくりのプロたちの手によって作り出せた自信と満足が、川城さんの笑顔から伝わります。

子どもの時代にもっと深く自然と接していくことが大事

日本における絵本作家の第一人者であるいわむらかずおさんもOMソーラーを導入されています。
いわむらさんの取材記事はこちらからご確認いただけます。

OMソーラー施工例はこちら